映画「タイタニック」ローズが産んだのはジャックの子供?誰の子?

スポンサーリンク

映画「タイタニック」1997年に公開され世界的に大ヒットした超がつくほど有名な映画作品ですよね。

ラストで沈没したタイニック号から助かったローズ、その後が映るシーンでローズには子供ができたことが分かりました。

この子供は「もしかしてジャックの子供なのでは?」と思った方も多いのではないでしょうか。

映画タイタニックは実際のタイタニック号で起きた実話ではありませんが、ラブストーリーと災害の恐ろしさが重なりとてもインパクトのあるストーリーですよね。

ここでは映画「タイタニック」でローズが妊娠したのは誰の子供なのか、ローズのその後についてご紹介します。

目次

スポンサーリンク


映画「タイタニック」ローズが妊娠したのは誰の子?

「タイタニック」号から生還したローズは自分の姓を隠し、「ローズ・ドーソン」と名乗って生きていきます。

その後のシーンで映っている写真からローズが妊娠したのが分かり、ローズはジャックの子供を妊娠してたの?と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし時系列から考えてジャックの子供ではなく、「タイタニック」号から生還後、アメリカで別の男性と出会い結婚し、子どもを二人授かったと考えられます。

それはジャックの最後の願いでもありましたよね。


スポンサーリンク

映画「タイタニック」ローズがジャックと約束したこと

ジャックとローズが約束したこと、それは「絶対にあきらめないで、生きるということ」でした。

政略結婚を強いられ、船から飛び降りてしまおうとしたローズに対して、ジャックが一番に願ったことは「自分の人生を諦めてしまわないで、自由に生きろ」だったのです。

そして「生き延びて、結婚してたくさん子供を産むこと」「死ぬときは、冷たい海の中ではなく暖かいベッドの中じゃないといけない、諦めないで」とジャックがローズに伝えています。

ジャックのそばにいつまでも居たいローズでしたが、ジャックを言葉で自分を奮い立たせ、凍死したジャックの手を離し、生きようとするのです。


スポンサーリンク

映画「タイタニック」アメリカで暮らしたローズのその後

ローズは船に乗る前の自分の身分や立場や母親について全てを捨て、愛した男性・ジャックの姓を名乗り生きていきます。

そしてジャックとの約束通り、別の男性と知り合い結婚をして子どもを産むんです。

ローズの母親は、夫を亡くし家を守るため娘を上流階級の貴族と結婚させようとしていましたが、[家を守るために当然のこと]と当時の社会では普通のことだったと考えれますが、ローズには受け入れがたいものでした。

ジャックに出会って愛し合い、結果的にローズは多くのものを失いましたが、心のままに自由に生きる事を知ったのです。

窮屈だったドレスを脱ぎ、馬にまたがるたくましい女性として生きていきます。

子供や孫をもち100才まで生き抜いた強い女性のローズですが、ローズがジャックのことを誰にも話さなかったのは、「自分一人の大切な思い出にしておきたい」「自分の貫いた道を全うしたい」という思いがあったのではないでしょうか。

自分の人生を自由に生きぬいて死期が近づた時、ずっと心の中で大切にしまっていたジャックの記憶を回想するシーンを描いた映画が「タイタニック」なんだと思います。


スポンサーリンク

映画「タイタニック」ローズが産んだのはジャックの子供?誰の子?まとめ

ここでは「タイタニック」のローズの子供はジャックの子供なのか?について紹介してきました。

ジャックとローズの純愛は何回見ても感動しますし、毎日を大切に生きようと思わせてくれますよね。

最後までご覧いただき、ありがとうございまいした。

スポンサーリンク



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる