貴乃花の現在(2022)の収入は?今の仕事や収入源、相撲界との関わりは?

スポンサーリンク

貴乃花と言えば、現役時代は第65代横綱であり若貴兄弟として相撲界を盛り上げた方ですが、近年では色々な報道もありましたよね。

父、祖父ともに元大相撲力士であり、兄も第3代目若乃花、母は女優でタレントの藤田紀子さんということはとても有名ですが、今では靴職人の息子さんもテレビに出演したりしています。

現役引退後、相撲協会理事として活躍されますが、弟子たちの不祥事などにより協会辞任後はなにを収入源とされているのでしょうか。

現在49歳で貴乃花光司さんのお名前で活動されていますが、現在の収入や仕事、各界との関わりについて紹介します。

目次

スポンサーリンク


貴乃花の現在(2022)の収入は?親方時代から激減?

貴乃花さんの横綱時代の年収は約4470万円、相撲協会に所属していた親方時代(相撲協会理事)の年収は約2140万円と推定されています。

2017年に弟子の暴行問題で理事を解任されており、平年寄(ひらどしより)に降格後は1240万円くらいに減ってしまったようです。

2018年に相撲協会引退後の収入は、協会からの収入は無くなるものの、当時世間を騒がせていた分テレビ出演や講演会に多数出演され、ギャラが1本150万円から300万円とも言われており、協会在籍時と同じかそれ以上はあったようです。

その後「相撲道を広めたい」と考え、『貴乃花道場』なる一般社団法人を立ち上げ、イベントやトークショーなどの活動をされていましたが、その後バブルがはじけたようにめっきり表舞台から姿を消しました。

2020年春、神奈川歯科大学の特任教授に就任しましたが、非常勤ということもあり、授業はほとんどないようです。

現在の貴乃花さんの年収はCMのギャラと合わせても1500万円以下ではないかと言われており、現役時代の3分の1に減ってしまっているようです。

年収を公表されているわけではないので確実な額ではありませんが、2021年12月豪邸を売却したり、娘さんへの仕送りがストップしたりと金銭面での苦労しているという噂もあります。


スポンサーリンク

貴乃花の今の仕事内容や収入源は?

『貴乃花道場』という一般社団法人を立ち上げたものの、その活動といえばイベントやトークショーへの出演と、タレントのような営業のような仕事だけのようです。

2019年に鉄拳さんとコラボで絵本「光のテーブルとっても大切なカエルのおはなし」を出版!と話題になりましたが、印税問題などもあり現在その絵本は出版されないまま幻の絵本となっています。

コロナ後は営業やイベント等もすべてキャンセルとなっているため、最近は表立った活動はされていないようですが、今も『ふるなび』のCMには出演されていますよね。


スポンサーリンク

貴乃花と相撲界は今も関わりはある?

貴乃花さんは2018年に相撲協会幹部との対立の末に協会を引退してから現在に至るまでは、全く相撲界とは関わりがなくなったのではないでしょうか。

貴乃花さんが協会を引退するときに、弟子たちを他の部屋に移籍させましたが、その後弟子たちは次々と不祥事を起こしました。

付き人や新弟子への暴力や大麻の使用などが発覚し、2019年に貴乃花一門は消滅状態に。

ですが、自分の相撲道を世界に広めプロ力士を増やしたいというまっすぐな考えの下に立ち上げた『貴乃花道場』を見ると、やはり相撲とはこの先もずっと関わっていきたいと考えているのではないでしょうか。


スポンサーリンク

貴乃花の現在(2022)の収入は?今の仕事や収入源、相撲界との関わりは?まとめ

プライベートでは離婚や家族との絶縁状態など波乱万丈な貴乃花光司さんですが、相撲に対する思いは変わらず活動をされているようです。

今の収入は公演会やテレビ出演、CMだと考えられますが、現役時代からは大きく収入は減ってしまっているようです。

しかしまだ貴乃花さんは49才とお若く、「貴乃花道場」でどのような活動をされていくのか、気になるところですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる